« 2012年10月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

咎の大輪

今夜、家庭を持つひとりの男を社内的に葬った。

働かない男だった。
失敗を部下に押し付ける男だった。
帰宅時間の早さだけは1番の男だった。

因果応報の鉄槌をその頭上へ。

見えない角度から。
用意周到に。
一撃で仕留めるために。
振り上げられたのは僕の腕で。

 
 
 

ハナガサイタヨ…。

 
 

目も眩むほどまばゆい漆黒の光につつまれたとき、
僕もそこへ堕ちていく。

もう戻れない。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2013年5月 »