« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

買い物が終わり駐車場へ向かっている途中、野球の素振り­をしている男の子がいて、目を凝らすと昔の何かが甦った。

­こにいたのは、まぎれもなくあの頃の自分で。

素振りをする時にちょっと左側に傾く­癖や、袖がほころびた服装や伸びすぎた髪型も、まったく当時のままだった。

僕が車に乗り込んだ時、向かいにいた君の姿が見えて。
買い物袋を抱えながら、お気に入りの助手席で微笑んでいるところだっ­た。

以前、
『同級生だったら、わたしは自分から話しかけちゃうだろうなー』
­んて言ってたけど、君にそんな素振りはぜんぜんなくて。

その二日後、カーオーディオからこの曲が流れてきた時。
なんで今この曲が、なんて苦笑いをしながらも、聴いた瞬間、胸がいっぱいになった。

自分だけの瞬間だったけど、君には話さなかったけれど。
確かに存在した時間があって、それを大切にしまっておきたい。

あの頃も今も、そう思っている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『ときめき』ってどうよっ?

もう一度、打算のない恋をしてみたいものですねぇ。
ただ好きというだけで全てに目を瞑っていられたあの頃。
思えば遠くに来たものです…。

テニス部で、文芸部部長で、授業で描いた油絵が文化祭で飾られて。
音楽室で唄った「ファイナルカウントダウン」や、後楽園球場でのアルバイト。

あの頃、輝いていたおいらがいまや『兵どもが夢のあと』。

ファンクラブの会長さんだった絵里ちゃん。
同窓会ではさぞがっかりしたことでしょう。

斜陽を迎え始めた頃に遊んだゲームのEDです。
歌詞が心に染みいる年頃になりました。

【結論】
あぁ…! なんてもったいないことをしたのだろうかっ(*´Д`*)

二人の時 投稿者 mahorobah

| | コメント (5) | トラックバック (0)

天女

君たちは愛しい最高のおバカさんたちです^^

ありがとう。

どんなにおいらが救われていることか…。

ありがとう…。

120417_222701_3

120417_223201_2

120417_223401_2

11_2

027taru2

| | コメント (5) | トラックバック (0)

In spring one sleeps a sleep that knows no dawn

ずっと前に作った眠りを誘う『非』作業用BGM動画。

寝ても寝ても寝足りない、そんなこの季節にこそどうぞ(´∇`)

 

ほ~ら、その眠気はおいらの『魔法』のせいなのですΨ(`∀´)Ψ

それにしてもベアト…、かわゆす(*´Д`*)

Photo_3

| | コメント (5) | トラックバック (0)

wwwwwwwwwww

でたwwwwwwww

久しぶりにあの頃の2chを思い出したwww

そうそう、こんなんばっかいたなwwwwwww

| | コメント (4) | トラックバック (0)

bellflower

いい天気だったから君のお墓に来てみたよ。
君はあの時から何も変わらないね。
おいらだけがどんどん薄汚れていっているみたいで、なんだか淋しいよ。

高校受験で悩んだことや、初めての彼女とのデート。
結婚式で泣いたことや、別れる原因になったあの出来事。
いつも見守っていてくれたね。

今でもそうなのかな?
20年以上も一緒にいた君だから、きっと今も変わってないんだろうな。
ときどき、不甲斐ないおいらのこと、あの頃のように叱ってくださいね。

君がおいらの指を引っ搔いたあの傷はもう消えちゃったけど、心に刻んだ思い出はずっとずっと残っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »